リンク広告

副業はネガティブではなくポジティブに!他人に依存しない働き方を。

こんばんは!りんりんです☆

最近ニュースでよく聞くようになりましたね

「働き方改革」

この中でもひときわ目につく「副業解禁」というワード。

会社勤めの人の中の多くには就業規則で「副業禁止」という人が多いはず。

しかし、これからは「副業」を認めていきましょう!という国の方針で、一部の大手企業では副業や兼業を認め始めています。

さてこれを受けて…

働いている人たちは「よっしゃ副業しよう!!!」という気持ちになるのでしょうか。

実際の意見としては

  • 「本業が忙しすぎてそれどころではない」
  • 「こどもとの時間もほしい」
  • 「解禁されたから、では副業します!とはちょっとならない」

そういう意見が多く聞かれました。

今の日本人、働きすぎね…???

それもそうでしょう。

8時間の勤務時間で自分の仕事を終わらせて定時で退勤したAさん。

8時間の勤務が終わって2時間残業して自分の仕事を終わらせたBさん。

同じ仕事量でもなぜか「残業した」Bさんのほうが「仕事を頑張っている」とみなされる世の中ですもん。

残業手当ももらえて「美味しい」と思っている人もいるかもしれませんね。

他にこんな例もあります。

仕事を早く終わらせても、次から次へと割り振られる仕事。どれだけこなしても、評価(給与)にはあまり反映されない。

それならゆっくり終わらせて、全体の仕事量を減らそう…。

こんな日本で、副業する時間があるのか…?副業したいと思えるのか…?ちょっと疑問に思いますね。

働き方の意識を改革すべき

副業、というとあなたは何を思い浮かべますか??

早朝の新聞配達ですか?

深夜のコンビニですか??

株やFXといったものですか??

株やFXは置いておいて、新聞配達もコンビニも共通するものがあります。

どちらも所詮「雇われ」ということ。

副業解禁をポジティブなイメージとして受け入れられない原因としてココが根底にあるのではないかなって思うのです。

本業でヘトヘトになっているのに、また別の所に働きに行く…

収入を増やすには確かに「働く時間を増やすこと」が一番なんですけどね。

でも「雇われ」=「依存」している状態って非常に精神的にツラいことも多い。

具合が悪いときに休むのが心苦しかったり、働けなくなったときに収入が減ってしまう不安が襲って来たり。

それってやっぱり依存しているからだと思うんですよね。

副業は、そこから一歩飛び出した「他人に依存しない」働き方をしないとポジティブなイメージにならないのではないかと思うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



他人に依存しない働き方とは

このブログは「絶対に働きたくない」専業主婦のあがきですが、その中に「他人に依存したくない」という思いがあります。

正しく言えば「外で」働きたくない、ですかね。

なんだかもう面倒くさいのです。

相手に好かれようとこびへつらい一生懸命面接を受けることが。

慣れない仕事をしながら新たな人間関係を築くことが。そこで上手く立ち回らなくてはいけないことが。

子どもを2人抱えて、実家も頼れる親戚も遠くて…頼られるのはオットしかいないこの土地で働くという心の負担が。

なーに甘えてんだ、と言われそうですが。

本音を言えばわたしは、そういうものに囚われず自分が好きなときに自分が好きなことをして稼ぎたいわけです。

それにうってつけのものが「ブログ」でした。

「ネットで稼ぐ」に持つ怪しいイメージ

これ、昔からそうなんですけど、ねずみ講のせいですかね??情報商材のせい??

よくありましたよね。

「1週間で〇万稼げる方法!」みたいなもの。

内容は「同じことをして、同じ情報を売るだけです!!」っていうからくりですけども。

アフィリエイトもまだまだ根強い偏見がある気がします。

やってみればわかると思うのですが、やってる方は真面目に一生懸命ですよ。

欲しい情報を提供するためにいっぱい調べごとしますし、その見返りで売り上げの1%~とかをもらってるだけで。

他から得た情報を自分の言葉に置き換えて記事を作り、なおかつ検索で上位を取らなきゃ売り上げにはつながらないので、そのために真剣ですよ。

でも見てもらったからって、売り上げに直結するわけではないですからね。

そこからいかに優れた商品であるかを説いて、納得した人がそこから買うわけです。

ね~大変でしょう??

他サイトから丸々コピーした文章をGoogleさんは評価してくれませんから、それも大変です。

それほどまでに大変だからちょっと手を出した人が「アフィリエイトは儲からない!!騙された!!」って言っちゃうことも事実ですけど…。

ブログ自体、結果が出るのが半年後とかなので…ね。私も2~3か月はかかりました。

それでも外で働くよりか、自分の好きなことを記事にしていくことのほうがわたしには向いている気がするのです。

そういう質の良い記事はたまに手直しするだけで、需要がある間ずっと稼ぐページになります。

自動販売機みたいな感じをイメージしてもらえるといいかと。

休んでいても、記事を更新しなくても、日々お金が入る。

完璧な不労所得とまではいきません、収益が発生するまでは必死ですからね。

自動販売機を作ろう

1年間で500もの記事を書いた割に、稼ぐページになったのは数十ページだけです。

これはわたしがコツを知らずがむしゃらにやってきたという効率の悪さもあるのですが、ではその数十ページを毎年生み出していけば…?

サイトが自動販売機になります。

しかも、寝ている間も遊んでいる間も収益が発生している。

現に、今の私は記事を更新しなくてもサイトに訪問者がいるだけで1日に300~500円ほどの収益が発生します。

月にすると9,000円~15,000円。

それに対してアフィリエイトの物販でも物が売れるので、月に数千円ほどになります。

1年間がむしゃらに頑張った成果が、それだけになるなら…と今年はゆるく記事を更新しつつ、でも1つ1つの記事の質を上げるようにしてみました。

なので今年はそんなに必死ではありません。

今日は気分が上がらないな~今日はドラマが見たいな~

そんな日は、パソコンを開きません。

こうやって、徐々に作業する時間を減らしていきます。

外で働かず、家でお金を稼ぐ。

でも自分と家族の時間はきちんと確保する。

外で働くストレスも増やさず、好きなことをする。

そういう自動販売機を作っています。

リスクを恐れないで

他人に依存しない働き方って、なんだかラクじゃないですか??

物を作れる人は自分で作って売ってみる。ゼロから何かを生み出してみる。

最初は失敗ばかりかもしれないけれど、リスクを恐れていては何も生み出さないなって最近のわたしは思います。

失敗したらそこから学んで、次に生かしていく。

成功してる人たちって、リスクを恐れずいろんなことにチャレンジしてます。

失敗してる人たちって、できないやらない言い訳を考えるのが得意です。私もそうでした…。

何もせず雇われた方がラクじゃない??

って思ってました。

でも環境が変わったら、考え方が変わりました。

子どもが居たら…雇われの方が大変なんですよ…。しかもパートなんて給料もたかが知れてる。

ブログを作れば、それ以上を稼げる可能性がある。

リスクを恐れず、そこに賭けてみようかなって。だってブログって、初期費用ナシで始められますから!リスクと言っても、そのへんの会社企業よりよっぽど低リスクですよ。

そして世の中の流れが「副業解禁」になってきた今。

それでもまだ、副業でも「雇われ」をしますか??

それとも「他人に依存しない」副業をしますか??

今、本業が「雇われ」の人の副業は、他人に依存しない方が気がラクだと思います。

仕事(本業)が疲れたから今日の副業はやめとこう、と思えるのってラクですよ。

体調が悪いから今日の副業はやめて早く寝よう、と思えるのってラクですよ。

雇われてたらそうもいきません。結局、馬車馬のように働くことになるんですよね。

それだと冒頭で言ったように「本業が忙しくて」「そんな時間がない」と言って副業をしないですよね。

副業にもっともっとポジティブなイメージを持ってほしい。

楽しいと思えることを副業にしてほしい。

あなたはこれからどういう「副業」をやっていきたいですか??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする